スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリンピック開幕

いよいよロンドンオリンピックが始まりました。
今朝はウォーキングに行くつもりで早く起きたのですが、カミサンに「暑いから、やめたほうがいい」と言われて、そのままTVの前に座り込んで、開会式を見ていました。
なんだか人が大勢出てくるばかりで、コンセプトがよく分からなかったですねぇ・・・

大会が始まる前に、サッカーの予選リーグが始まりました
日本時間26日の午前0時からは、なでしこジャパンがカナダと対戦しました。
カナダの選手と競う澤
開会前は体調が充分ではなかった澤も、好調の時と変わらない動きを見せ、存在感をアピールしました。
写真は、カナダのシュミットと競り合う澤選手です。

ゲームは、前半33分に大野からの絶妙なパスを受けた川澄がゴール右端に蹴り込み、先制点を挙げました。
前半終了間際には、コーナーキックに宮間がヘッドで合わせて、2点目を挙げました。
後半10分に守備の裏を突かれて1点を取られましたが、その後はうまく守りきり、初戦を勝利でかざりました。







一方男子は、日本時間26日午後10時45分、優勝候補のスペインとのゲームから始まりました。
得点を喜ぶ大津と吉田
ボール支配率は劣ったものの、シュート数はスペインを上回り、前半34分には大津が右からのコーナーキックに合わせて右足で蹴り込み、先制点を挙げました。
写真は、大津と抱き合って喜ぶDF吉田です。
その直後にスペインのDFマルチネスがレッドカードを受けて、退場となりました。
それからは一人足りないスペインが猛チャージを見せましたが、日本はうまく守りきり、初戦で優勝候補を破って勝ち点3を挙げました。

男女共に初戦で勝ったことで、日本のチームにとって、この上ない励みになることでしょう。
今後の活躍に期待したいですね。
スポンサーサイト

theme : ロンドンオリンピック
genre : スポーツ

佳菜子ちゃん、頑張った (^o^)

村上佳菜子ちゃんフィギュアスケートのグランプリ・ファイナル村上佳菜子ちゃんが頑張りましたね。
グランプリ・シリーズ初出場でファイナルの表彰台に上がったのは、浅田真央、キム・ヨナ以来だそうです。
フリーの演技では、3回転フリップに2回転を続ける予定だったのが3回転だけになってしまいましたが、次の単発の3回転の後に連続ジャンプを決めて最小限の減点にとどめるなど、臨機応変な対応ができていました。
2位のコストナーとは僅か0.01の差の3位でしたが、自分でも「第1戦のNHK杯よりは進歩した」と言っていましたので、これからが楽しみですね。

安藤美姫鈴木明子は、フリーで良い演技を見せてくれたもののショートでのミスが響いて、それぞれ5位と4位になり、メダルには届きませんでした。
シーズンが始まったばかりなので、これからが大切ですね。
浅田真央ちゃんの復活を含めて、今後の活躍を期待したいものです。

一方男子は、ショートで1位だった織田信成がフリーで2度転倒してしまい、2位になってしまいました。小塚崇彦はフリーで2位になる健闘を見せ、3位で表彰台に上がりました。
優勝候補の呼び声が高かった高橋大輔は、ショートで若干出遅れ、フリーでは6位となってしまうなど、全く良いところを見せられませんでした。
9日の公式練習の際に小塚と衝突してしまったことが尾を引いている感じで、残念と言うしかありませんね。
これから全日本選手権、世界選手権とビッグゲームが続くわけですから、気持ちを切り替えてトライして欲しいですね。

theme : フィギュアスケート
genre : スポーツ

佳菜子ちゃん、白鵬関

kanako_1116_B.jpg
 14日、アメリカ・ポートランドで行われたフィギュアスケートのグランプリ・シリーズ第4戦(スケートアメリカ)最終日で、村上佳菜子ちゃんがショートプログラム2位からの逆転優勝を飾りました。
10月のNHK杯(GPシリーズ第1戦)で銅メダルを獲得しているので、12月のGPファイナルへの進出も確定しました。
彼女のスケーティングはスピード感に溢れていて、見ていて気持ちがいいですね
そして、あの笑顔が素晴らしいです。
今月16才になったばかりだそうで、浅田真央ちゃんの15才1ヶ月の最年少記録には及びませんでしたが、これからの益々の活躍に期待が高まりますね。

それにしても、浅田真央ちゃんはどうしちゃったんでしょうねぇ・・・
今年になってコーチを替えて、ジャンプを基礎から鍛え直しているそうですが、去年までの切れが戻ってきていないようです。
素晴らしい素質を持っているのですから、早く自分のペースを取り戻して欲しいですね。

もう一つ、スポーツの話題です。
hakuhou_1116_B.jpg
今年の初場所途中から連勝記録を伸ばしていた横綱白鵬が、昨日稀勢の里に黒星を喫してしまいました。
63連勝と横綱双葉山の69連勝の記録に迫っていたのですが、残念でしたね。
まだ25才と若いんですから、これからも記録に挑戦する気持ちを持ち続けて欲しいものです。

theme : スポーツニュース
genre : ニュース

イチロー 10年連続200本安打達成!

イチロー選手が、ついに10年連続200本安打の大記録を達成しました

イチロー選手200本安打達成! 200本安打を10回達成した選手には”ピート・ローズ”がいるのですが、彼は連続ではなかったので、10年連続でと言うのは、大リーグ記録です。
大リーグに移籍した年からですから、すごいですよね。
その間にも200本達成を危ぶまれた年もありましたが、それを乗り越えてきたのは、たゆまない努力と精神力の強さがあったからでしょう。
インタビューの中で、「全選手がダッグアウトを出て拍手しているのを見て、ああ、喜んでいいんだと思った」と言っていました。 2年前に最下位に沈んだチームの中で、黙々と記録に向かって安打を重ねる姿を「利己的」ととらえる同僚がいて、チーム内に不和が生じたのだそうです。 今年もチームは最下位ですが、チームメイト全員が祝福してくれているのが分かって、嬉しかったんでしょうね。
その他にも、10年連続オールスター出場9年連続ゴールドグラブ賞受賞(今年はまだ決まっていない)など、素晴らしい活躍を続けています。
まだ36才、これからもっと記録を伸ばして欲しいですね。

theme : スポーツニュース
genre : ニュース

W-CUP 第1戦

W-CUP南アフリカ大会第4日の14日、1次リーグE組の日本はカメルーンとの初戦で、1-0で海外でのW-CUP初勝利を挙げました
トップ記事
(上の写真は、JFAのHPに掲載されていたものです。)
W-CUPの強化試合では全くいいところがなかったのですが、このゲームでは選手全員が素晴らしい動きを見せてくれました。
特に前半では、カメルーンのエース・エトーの動きを完全にマークして、見せ場を作らせませんでした。 DF中沢MF阿部の身体を張った守備は、素晴らしかったですね。
攻撃陣も再三ゴール前に突入し、何度かチャンスを迎えたのですが、ものにすることが出来ませんでした。
初ゴール

しかし前半39分、右側の松井からのクロスボール的確に反応した本田が、左足でのシュートを決め、決勝ゴールを奪いました。 この時の岡田監督の嬉しそうな顔は、忘れられないですね。
その直後に、相手のミドルシュートがクロスバーを直撃したのは、運が良かったとしか言いようがありません。
後半に入ると、パワーに勝るカメルーンの攻撃は激しさを増しましたが、スピードのある岡崎、矢野を投入し、前方での守備を固め、なんとか1点を守りきりました。
GK川島の活躍も、特筆に値するものでしたね。

次は対オランダ戦です。 世界ランク4位の強豪ですから、更に厳しい戦いになるでしょう。
勝利をものにすることは難しいかも知れませんが、頑張って引き分けに持ち込めれば決勝トーナメント出場がほぼ確実になるでしょう。
19日のゲームに期待したいですね。

theme : サッカー
genre : スポーツ

04 | 2018/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

mこんちゃん

Author:mこんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。