スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平均寿命

7月17日、平成20年度の平均寿命が発表されました。
それによると、男性の平均寿命は79.29歳で、アイスランド、スイス、香港に次いで第4位、女性は86.05歳で第1位(第2位は香港、次いでフランス、スイス、イタリアの順)でした。
1947年では先進国の中では最下位(男性:50.06歳、女性:53.96歳)だったのに、すごい伸び率です。
この最大の要因は、戦後に導入された国民皆保険制度日本的食生活だと言われています。
死亡の原因は、男性ではがんが最も多く、約30%を占めており、女性では21%でした。
がんに心疾患・脳血管疾患を加えた3大成人病で亡くなった方は、男女とも50%を超えています。
これから平均寿命を延ばしていくには、こうした病気の予防がいかに大切であるかがお解り頂けると思います。
特にがんに関しては、早期発見が最大の予防策なので、検診のチャンスは逃さないように心掛けて頂きたいものです。
因みに、平均寿命とはその歳に生まれた子供が何歳まで生きられるかを示したものです。
現在何歳のの人があと何年生きられるかを表すのは、平均余命と呼び、50歳の男性の余命は31.21歳、女性は37.34歳です。
詳しい情報をお知りになりたい方は、厚生労働省のホームページの「お知らせ」から「統計調査結果」をご覧下さい。
スポンサーサイト

theme : ニュース
genre : ニュース

改正臓器移植法案可決

7月13日の参院本会議で、改正臓器移植法案(A案)が可決されました。
A案の「脳死を人の死と認める」という点を「臓器移植時に限って人の死と認める」とした改定案が否決された後で"A案"の採決が行われ、138:82で"A案"が可決されました。
臓器移植には様々な問題点が残されていますが、公布から1年後に運用が始まるので、それまでに十分な検討を加えて、出来るだけ民意に添った運用を行ってもらいたいものです。

問題点の一つは、「脳死は人の死である」ということに関して、国民的コンセンサスが得られているとは言えないことです。
これに関しては、1)脳死の判定基準を明確にすることや、2)長期間にわたって脳死のまま生存するケースも多いとされる小児に対する判定をどうするか、3)提供者(ドナー)の意志が確認できない場合の家族の意思表示をどう扱うか、4)臓器を提供した後の家族の精神的サポートをどうするかなど、具体的な議論を進めていく必要があるでしょう。
こうした問題がクリアされて、臓器移植を受けるケースが増えることを期待したいと思います。

theme : ニュース
genre : ニュース

藤沢秀行先生

7月9日のNHK「クローズアップ現代」で、藤沢秀行先生が主催した「秀行塾」を取材した模様を放映していました。

藤沢秀行

秀行先生は、今年の5月8日に83歳で亡くなられたのですが、年2回行われてきた「秀行塾」からは、林海峰、大竹英雄、工藤紀夫、石田芳夫、竹宮正樹、趙治勲、依田紀基、高尾紳路など、数え上げたらきりがないほど多数の名棋士が輩出されています。
その棋風は、先生の人間性そのままの豪放磊落なもので、序盤から中盤にかけては右に出るものはいないと言われていたそうです。
その棋風が仇となって、大事な一番でポカをして負けてしまったもあるとか・・・
韓国や中国へも毎年囲碁の普及のために出掛けられ、現在の両国の一流棋士の間でも、先生を慕っておられる人が多いそうです。
「目先の勝負にとらわれるな」、「美しい手を打て」と言うのが口癖で、気に入らない手を打つと「やめてしまえ!」と怒鳴って席を立ってしまうことも屡々だったとか・・・
名人、天元、棋聖、王座など多数のタイトルを獲得しましたが、棋聖戦では`77年の第1回から連続6回タイトルを取り、名誉棋聖の称号を贈られています。
若い頃は「飲む・打つ・買う」のいずれも人後に落ちなかったそうですが、`83年に胃がんの手術を受けてからは禁酒との戦いが大変だったそうです。
その後も喉頭がんや前立腺がんに罹りましたが、`91年に67歳で王座を獲得しました。この最高齢タイトル獲得の記録は、今も破られていません。
`98年に高齢を理由に現役を引退しましたが、`99年に引退碁が行われました。引退碁が行われたのは、本因坊秀哉以来とのことです。
亡くなる直前は入退院を繰り返していましたが、亡くなる数日前に突然筆を執って揮毫されたそうです。
そこに書かれた言葉は、「強烈な努力」で、その力強い書には、圧倒されました。

私の囲碁の師匠の師匠の師匠が秀行先生だったので、この番組を見ました。 こういう生き方も素晴らしいなと感じましたので、ここに紹介しました。

theme : 伝えたいこと
genre : 日記

誕生日

昨日は、こんちゃんの誕生日。
72歳になりました
心筋梗塞のの手術をしてから13年半、胃がんの手術をしてから間もなく3年、こんなに長生きをするとは思ってもいませんでした。

一昨日からババちゃんが京都へお話に出掛けているので、夕飯は孫たちと一緒です。
「ジジ、ごはんだよー」と言う圭吾ちゃんの声で下へ降りて行くと、周ちゃんと圭吾ちゃんが「ジジ、おめでと~」と言いながら、素敵なプレゼントを渡してくれました。

プレゼント

思いがけないプレゼントに、ジジはちょっとウルウル
長生きをしていて"ヨカッタ~"と言う瞬間でした。
その上に、食後には周&圭ママが用意してくれたケーキが・・・

バースデイ・ケーキ

これまでの中で、一番嬉しい誕生日でした。
これからも頑張って、もっと長生きしなくちゃね

theme : ヽ(゚∀゚)ノいえ-い☆
genre : 日記

06 | 2009/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

mこんちゃん

Author:mこんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。