スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島原発放射能汚染

福島第1原発の3号機で、恐れていたことが起こってしまいました。
原子炉建屋と隣り合わせのタービン建屋内にたまっていた水の中に、3人の作業員が入ってしまい、β-線被爆したそうです。
作業員達は防御服を着ることもなく、2人は長靴も履いていなかったので、両下腿に熱傷を負ったようです。
3人は意識もはっきりしているようですが、念のため千葉市の「放射線医学総合研究所」に搬送されて、詳しい検査を受けることになりました。
東電は、3日前に建屋内の放射線量を測定して異常なかったそうですが、その時にはなかった水が事故当日にはあったにも拘わらず検査を行わなかったようで、作業員への新しい指示はなかったとのことです。
これほど安全管理を無視した話があっていいのでしょうか。
原子力安全・保安院は、「原子炉内から漏れた可能性が高い」との見解を発表しました。
もしもその通りならば、今後更に大きな漏出があってもおかしくありません。

東電の安全対策は、全く信用できないことになりますね。
スポンサーサイト

theme : 原発事故
genre : ニュース

東北関東大地震

東北関東大地震が起こってから、11日が過ぎました。
連日TVや新聞の報道を見て、その悲惨さに心を痛めています。
マグニチュード9と言う巨大な地震と、10mを超す大津波のもたらした被害の大きさは、自然の持つ力がいかに大きいかを、改めて感じさせられました。
行方不明者と死者(8000人超)を合わせると2万人を超えており、更に増えそうです。
現在避難している人々は35万人以上だそうですが、未だに連絡の取れない人が沢山いらっしゃるようで、これからもっと増えることでしょう。

少しずつ復興へ向けての活動が始まりましたが、様々な問題が重なって、軌道に乗るにはもうしばらく時間が掛かりそうです。
こうした事態を乗り切るには、様々な問題をクリアしなくてはなりません。
中でも大きいのは、福島原発の事故ですね。
3号機、4号機への海水の放水が始まり、原子炉の温度は下がり始めたようなので、取り敢えずは大きな爆発の危機は遠のいたようで、一安心といったところでしょうか。
外部電源の接続も出来たようですが、残った機器をうまく稼働させることが出来るかどうかの判断には、まだ2~3日掛かるようです。
周辺への放射能の影響もあるので、慎重に勧めて欲しいですね。

避難している人々への援助も、少しずつ進んでいるようですが、まだまだ充分と言える状況ではありません。
ライフライン(電気・水道・電話・ガスなど)の復旧がが進めば、避難生活もかなり改善されると思うのですが、避難所で暮らす人々のお話では、兎に角食べ物と水、そして燃料と紙おむつや歯ブラシ・生理用品などの生活必需品が全く不足しているそうです。
こうした物品を運ぶには、道路や鉄道などの交通手段の回復が必要ですが、通行可能な道路が少しずつ増えているとは言うものの、充分な量を運べる状態ではありません。
一刻でも早く、交通手段の回復を図るべきでしょうね。
個別に避難している人々や、避難所自体が孤立しているところへは、援助物資がほとんど届いていないようです。
こうした状況の把握にも、力を注いで欲しいと思います。
医療関連でも、医師や看護師の人員不足、医薬品の補給など、喫緊の課題が山積みになっています。
高齢の方が多く、様々な持病や認知症を患っている人々も沢山いらっしゃるようです。
こうした方々への支援の輪も少しずつは広がってきているようですが、避難の時間が増えれば増えるほど様々な余病も増えてくることでしょう。
避難所での死亡を増やさないように、努力することが望まれます。
医療関連で、もう一つ気になることがあります。
それは、インフルエンザやノロウィルス感染症(下痢や嘔吐を起こす)などの集団感染です。

避難所では、劣悪な衛生状態にならざるを得ません。
そのような場所で集団感染が起これば、悲惨な状況になることは目に見えています。
そのような事態を招かないように、マスクの着用や手指の消毒など感染予防に注意して欲しいですね。

最後に一つだけ、風評に惑わされないようにして下さい。
現在でも、福島のいわき市や双葉町などでは、物品の輸送者が放射線被害を怖がって、その地域に入るのを断ることがあるそうです。
現在の放射線レベルならば、数ヶ月そこに留まっても人体に影響を与えるようなことにはなりません。
どうか安心して物資を運んで下さい。
お願いします。

theme : 最近のニュース
genre : ニュース

東京大空襲

昨3月10日は、東京大空襲の記念日です。
最近は、あちこちで取り上げられるようになってきて、一時のように忘れ去られるのを心配することはなくなりました。
補償を求める声に応えようという動きも出てきたようですが、空襲の被害を受けたのは東京だけではなく全国に及んでいるので、無理な話でしょうね。
近頃は、直接被害に遭われた方々が、今の内にご自分が経験されたことを話して下さることが多くなったようで、戦争のもたらす悲惨な事態が広く知られるようになり、若い人々にも「戦争をしてはいけない」と言う気持ちが理解されるようになってきたようです。
戦争の恐ろしさを、もっと世界中の人々に知ってもらうことが必要ですね。

今これを書いている最中に、大きな地震がありました。
岩手県では、震度7だそうです。
大津波警報も出されました。
岩手県・宮城県・福島県では10mを超す津波が予想されています。
TVでは気仙沼港で桟橋や漁船が、津波に流されている映像が見られます。
その後も、こちらでもかなり大きな余震が続いています。
呉々も海岸などに近づかないよう、ご注意下さい。

theme : 思ったこと・感じたこと
genre : 日記

02 | 2011/03 | 04
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

mこんちゃん

Author:mこんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。